マニュアル

  1. >
  2. >
  3. メールについて>
  4. メールフィルタ設定

マニュアルメニュー

お申し込みについて
ドメインについて
サーバーについて
メールについて
FTPについて
WordPressについて
ログ管理について
他社からの乗り換えについて
管理ツールについて

メールフィルタ設定

メールの振り分け(メールフィルタ設定)とは

メールに対して、様々な条件を指定し振り分けることができます。
迷惑メールのフィルタリングや特定メールの振り分けにご活用ください。

※ドメインごとの設定となります。

メールフィルタ設定
1.「メールフィルタ設定」をクリック

管理パネルへログインし、左メニューの「サーバーの管理 > メールフィルタ設定」をクリックします。

「サーバーの管理 > メールフィルタ設定」をクリック
2. 「メールフィルタ追加」をクリック

設定対象ドメインを選択し、「メールフィルタ追加」をクリックします。

「メールフィルタ追加」をクリック
3.振り分け条件を設定

振り分け条件を設定します。

振り分け条件を設定
振り分け設定
振り分け方法メールボックスに残らない「転送」か、メールボックスに残る「転送(コピー)」か、メールそのものを「削除する」かを選択
振り分け先転送したい振り分け先を指定(メールアドレス等)
条件設定
条件1〜3 条件を3つまで設定できます。
キーワードの場所(宛先・送信者・件名・本文・ヘッダーのいずれか)を選択し、空欄にキーワードを入力してください。
キーワードが「含まれる」か「一致する(完全一致)」かを選択してください。
複数条件設定条件1〜3を複数設定する場合に、「全てに該当」か「いずれかに該当」かを選択してください。
設定例 : 件名に「SPAM」表示があるメールを削除する
  1. メールの件名に「SPAM」と表示するために、管理パネル「スパム設定」を[有効]にする。
    →スパム設定について
  2. 管理パネル「メールフィルタ設定」で下記のように設定してください。
設定例
振り分け方法 削除する
振り分け先 空白
条件1 件名/SPAM/含まれる
条件2 空白
条件3 空白
複数条件設定 空白
≪ご注意ください≫
振り分け方法を「削除する」にすると、振り分けられたメールはサーバーから【削除】されます。
削除後はメールの確認ができませんので、あらかじめご注意ください。
設定例 : 特定のメールアドレスからのメールを削除する

管理パネル「メールフィルタ設定」で下記のように設定してください。

設定例
振り分け方法 削除する
振り分け先 空白
条件1 送信者/拒否したいメールアドレス/含まれる
条件2 空白
条件3 空白
複数条件設定 空白
≪ご注意ください≫
振り分け方法を「削除する」にすると、振り分けられたメールはサーバーから【削除】されます。
削除後はメールの確認ができませんので、あらかじめご注意ください。
4.設定完了

振り分け条件を入力後、「メールフィルタの追加(確認)」→「メールフィルタの追加(確定)」をクリックします。

「メールフィルタの追加(確認)」をクリック

追加後「メールフィルター一覧」より設定内容の確認が可能です。

ページトップへ