サポート

ニュース

無料でWordPressの常時SSL化が可能に!「独自SSL設定」機能追加のお知らせ
2016/08/17

平素はwpXをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度wpXでは、
多くのお客様からご要望をいただいておりました「独自SSL設定」機能を追加しました。

「独自SSL設定」機能を利用することにより、管理パネルからの簡単な操作のみで
ドメイン認証型SSL証明書「Let's Encrypt」を無料で設定することが可能です。

独自SSLを一度設定すれば自動的に有効期限が更新されるため、導入後の負担もありません。


併せて、WordPressサイトの常時SSL化を支援する「SSL化補助」機能を提供します。

すでに運用中のWordPressサイトを常時SSL化する場合、
「一般設定」「テーマファイル」「投稿記事」などに含まれるサイトアドレスの変更や
.htaccessを用いたリダイレクトの設定など、複雑な作業が発生します。

「SSL化補助」機能を利用することで、これら複雑な作業が一括で実行され、
WordPressサイトを簡単に常時SSL化することが可能です。


WordPressの運用においては、ダッシュボードへのログイン時はもとより、
コメント入力欄や問い合わせフォームなど、SSL接続が望まれる箇所が非常に多くあります。

また、大手検索エンジン会社ではWebサイトがSSL暗号化通信に対応しているかどうかを検索順位の評価対象にすると発表するなど、
WebサイトにおけるSSL暗号化通信の重要度は増してきています。

これを機に、WordPressサイトへの独自SSLの導入をご検討ください。

詳細は以下をご参照ください。

----------------------------------------------------------------------
■サービス対象
 wpXレンタルサーバー
 wpXクラウド 全グレード

■提供開始日
 2016年8月17日

■「独自SSL設定」ご利用方法
【WordPress新規インストールと独自SSL設定を同時に行う場合】
 WordPressの新規インストール時に「独自SSLを利用する」を選択することで、
 独自SSL設定を有効にすることができます。
 
 ◇マニュアル
  wpXレンタルサーバー > WordPressについて > 新規インストール
  wpXクラウド > WordPressについて > 新規インストール

【インストール済みのWordPressに対して独自SSL設定を行う場合】
 「管理パネル」内「WordPress管理」にある「独自SSL設定」にて
 独自SSLの設定を追加することができます。
 
 ◇マニュアル
  wpXレンタルサーバー > WordPressについて > 独自SSL設定
  wpXクラウド > WordPressについて > 独自SSL設定

■「SSL化補助」機能について
 WordPressサイトの常時SSL化を支援する機能です。
 独自SSL設定を有効のWordPressに対して、下記の処理が簡単に実行できます。
 
 ・一般設定「WordPress アドレス」「サイトアドレス」のSSL化
 ・投稿記事、固定ページに記載しているサイトアドレスのSSL化
 ・テーマフォルダ配下のファイルに記述しているサイトアドレスのSSL化
 ・常時SSL化を実現する自動転送(リダイレクト)設定の有効化
 
 ◇マニュアル
  wpXレンタルサーバー > WordPressについて > 独自SSL設定 > SSL化補助機能
  wpXクラウド > WordPressについて > 独自SSL設定 > SSL化補助機能
----------------------------------------------------------------------

弊社では、今後もお客様により満足していただけるよう、サービス強化に注力して参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ