1. ホーム
  2. お知らせ
  3. WordPress国内最速!高速CPU『AMD EPYC(Rome世代)』採用&『搭載メモリ』倍増! 新規受付サーバーにおけるハードウェア大幅増強のお知らせ

お知らせ

WordPress国内最速!高速CPU『AMD EPYC(Rome世代)』採用&『搭載メモリ』倍増! 新規受付サーバーにおけるハードウェア大幅増強のお知らせ

2020年08月27日

平素は当サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたびwpX Speedでは、
お客様により快適にサービスをご利用いただけるよう、
新規にお申し込みを受け付けるサーバーにおいて、ハードウェアを大幅に増強いたします。

このたびの増強においては、高速CPU『AMD EPYC(Rome世代)』の導入や、
搭載メモリの倍増(256GB → 512GB)など、ハードウェアを大幅に強化しており、
これまで以上に高速かつ安定した「WordPress国内最速」のサーバー環境がご利用可能になります。

詳細につきましては、下記をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------
■提供開始日時
 2020月8月27日(木) 12:00

■対象プラン
 wpX Speed 全プラン
 
 ※2020月8月27日(木)12時以降に発行されたサーバーアカウント(全プラン)が対象です。
 ※ご利用のサーバーがsv1091.wpx.ne.jp以降となっているものが、ハードウェアが大幅に増強されたサーバーです。
  お客様がご利用のサーバーについては、「管理パネル」にログイン後、
  「サーバー情報」→「ホスト名」からご確認ください。

■増強内容
 ・高速CPUの『AMD EPYC(Rome世代)』を採用
 
   CPUには、製品発表時点で80ものベンチマークで世界記録を達成した、
   AMD社の第2世代「EPYC」プロセッサー(コードネーム「Rome」)を採用しました。
   また、サーバーあたりのコア数も従来の倍にあたる「48コア96スレッド」に拡張しており、
   アクセスが集中した場合も従来より高速で安定したサイトの運用が可能になりました。

 ・搭載メモリを512GBに倍増

   搭載メモリを従来の256GBから512GBへ倍増し、プログラムの処理性能の高速化を実現しました。
   
■国内最速のWordPress表示速度
 国内レンタルサーバーサービスの中でWordPressの表示速度を調査したところ、
 wpX Speedが最も速く、2位に約2倍の差をつけて「WordPress国内最速」という結果となりました。

  ※2020年7月20日、自社調べ
  ※日本国内シェア上位3サービス、および独自に選定した国内の著名サービス・プランを含めて、
   計6つのサービスまたはプランを対象に、h2loadで5回計測した結果によるもの
  ※複数プランがあるサービスにおいては、独自に選定したプランを除き、WordPressが動作する最下位プランで計測
  ※業界のシェアはhostadvice.comのデータをもとに算出

----------------------------------------------------------------------

弊社では、今後もお客様により満足していただけるよう、サービス強化に注力して参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。