マニュアル

  1. >
  2. >
  3. WordPressについて>
  4. >
  5. キャッシュ設定

マニュアルメニュー

お申し込みについて
ドメインについて
サーバーについて
FTPについて
WordPressについて
他社からの乗り換えについて
管理ツールについて

キャッシュ設定

キャッシュ設定について

当サービスでは、WordPressで構築されたサイトの表示を高速化するために、
独自の「キャッシュ」機能を提供しています。

この「キャッシュ」は、サイトの表示内容を一時的にキャッシュ(記録)し、
次回アクセス時にキャッシュの情報を用いてサイトを表示させることで表示速度を高速化する機能です。

本機能は、当サービスのご利用において、通常は設定を変更する必要はございません。
そのため特別な事情がなければ、設定変更は行われないことをお勧めします。

キャッシュ設定の変更手順

キャッシュ設定を変更される場合は、以下の手順で操作します。

1.WordPress各種設定メニューへ進みます。

管理パネルへログイン後、左メニューより「WordPress設定」をクリックしてください。

キャッシュ設定の変更手順1
2.「キャッシュ設定」の「設定」ボタンをクリックします。

WordPress設定画面の「高速化設定」内から、「キャッシュ設定」の「設定」ボタンをクリックします。

キャッシュ設定の変更手順2
3.キャッシュ設定の変更

「キャッシュ設定の変更」をクリックします。

キャッシュ設定の変更手順3

以下の項目に関する設定画面が表示されます。

いずれの項目とも、設定内容を変更された後に「キャッシュ設定を変更する(確認)」をクリックします。
内容に間違いがなければ「完了」をクリックします。

※「キャッシュ設定の初期化」「キャッシュのON・OFF」については、
「キャッシュ設定のリセット(確認)」「キャッシュのON・OFF(確認)」をクリックします。

キャッシュ時間設定

WordPressサイトが生成したコンテンツをキャッシュ情報として保持する時間を設定します。
いずれも、設定時間を【0分】とした場合は、キャッシュ情報は保持しません。

キャッシュ時間設定の変更手順
一般キャッシュ時間
生成されたWebページ(HTMLコンテンツ)をキャッシュ情報として保持する時間を設定します。
下記の「静的ファイル」「404ページ」以外のHTMLコンテンツが対象となります。
静的ファイルのキャッシュ時間
画像や動画などの静的ファイル(コンテンツ)をキャッシュ情報として保持する時間を設定します。
本機能では、「静的ファイルの拡張子設定」に入力した拡張子のファイルを静的ファイルとみなします。
404ページのキャッシュ時間

WordPressサイトに存在しないURLを参照した場合に生成される404エラーページをキャッシュとして保持する時間を設定します。

※WordPressでは存在しないページ(404ページ)を動的生成します。
存在しないページに多数アクセスがあると負荷上昇の原因になるため、キャッシュ機能をONにしていただくことをお勧めします。

スマートフォンのキャッシュ設定

スマートフォンからのアクセスに対するキャッシュ情報を別途保持することが可能です。

スマートフォンキャッシュ設定の変更手順
スマートフォンのキャッシュ機能

設定を「利用する」にすると、「スマートフォンのユーザーエージェント設定」で
指定したUser-AgentからのWebアクセス(HTTPリクエスト)のキャッシュを、
スマートフォン専用のキャッシュとして独立して保持します。

HTTPリクエストのUser-Agent情報で利用するテーマなどを切り替えるWordPressサイトを指定する場合は、
「利用する」に設定していただくことをお勧めします。

※レスポンシブデザインによるWebサイトの場合は、キャッシュ情報の効率化の観点から「利用しない」に設定することをお勧めします。

キャッシュ除外設定

WordPressサイトに対し、各条件に該当するアクセスが行われた場合、
その表示コンテンツ内容をキャッシュ情報として保存しない設定をすることが可能です。

Cookie

Cookieに指定する値が含んだ状態でWordPressサイトにアクセスが行われた場合、
その表示コンテンツ内容をキャッシュ情報として保存しません。

※設定に関わらず「wp-postpass、wordpress_logged_in、comment_author_」は除外対象です。

ファイルパス

WordPressサイトに対し、指定したファイルパスを含むアクセスが行われた場合、
その表示コンテンツ内容をキャッシュ情報として保存しません。

※設定に関わらず「/wp-login、/wp-admin、/wp-comments-post」は除外対象です。

ユーザエージェント

WordPressサイトに対し、指定した文字列を含むUser-AgentからのWebアクセス(HTTPリクエスト)による
アクセスが行われた場合、その表示コンテンツ内容をキャッシュ情報として保存しません。

キャッシュ設定の初期化

設定内容をすべて初期状態(当サービス推奨値)に戻します。

キャッシュ設定の有効化・無効化

本キャッシュ機能のON/OFFを切り替えます。
WordPressサイトを構築する際に、一時的に機能をOFFにする場合などにご活用ください。

通常は、WordPressサイトにおける表示高速化、負荷軽減の観点から、ONにしていただくことをお勧めします。

ページトップへ