マニュアル

  1. >
  2. >
  3. WordPressについて>
  4. >
  5. 独自SSL設定

マニュアルメニュー

お申し込みについて
ドメインについて
サーバーについて
FTPについて
WordPressについて
ログ管理について
他社からの乗り換えについて
管理ツールについて

独自SSL設定

■独自SSLの利用について

当サービスの独自SSLは、SSLサーバー証明書の取得・更新にドメインのネームサーバー、レコード情報を参照します。
そのため、サイトアドレスにあたるホスト名の参照先サーバーが契約サーバーアカウントではない場合、証明書の取得や更新に失敗します。

SSLサーバー証明書の取得や更新に失敗する場合は、設定ドメインのネームサーバーを当サービス指定の内容に変更してください。

ネームサーバーの変更については、マニュアル「ネームサーバーの設定」をご参照ください。

独自SSLの設定

下記設定を有効化する事でWordPressサイトのアクセスがSSL接続となります。

1.WordPress各種設定メニューへ進みます。

管理パネルへログイン後、画面左側のメニューより「独自SSL設定」をクリックしてください。

独自SSL設定1
2.「独自SSL設定の追加」をクリックします。
独自SSL設定2
3.設定完了

SSL設定を行うコモンネームをご確認の上、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

独自SSL設定3
■CSR情報の設定について

本サービスの独自SSLは、CSR情報を設定していただかなくても、お手続きは可能です。
なお、必要に応じて、以下の手順で設定することができます。

  1. 「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れてください。

    独自SSL設定4
  2. 下記項目を全て入力してください。

    独自SSL設定5
SSL化補助機能

独自SSL設定後、WordPressをSSL化するための各種設定を行うことができます。

1.WordPress各種設定メニューへ進みます。

管理パネルへログイン後、画面左側のメニューより「独自SSL設定」をクリックしてください。

SSL化補助機能1
2.「SSL化補助機能」タブをクリックします。

「SSL化補助機能」タブをクリックし、必要な項目だけチェックを入れて「チェックを入れた機能を実行(確認)」をクリックします。

SSL化補助機能2
3.設定完了

設定内容をご確認の上、「チェックを入れた機能を実行(確定)」をクリックします。

SSL化補助機能3
自動更新に失敗した場合

SSLサーバー証明書の発行から60日(期限日の30日前)に、システムによる証明書の自動更新を行い、有効期限の延長をします。

なお、システムによる自動更新に失敗した場合は、以下のように「独自SSL設定」画面に更新が失敗している旨を表示します。

この場合、証明書の有効期限を迎えるまでに、[更新]ボタンをクリックし、手動による更新手続きを行ってください。
証明書の有効期限までに更新手続きが完了しませんと、SSL用サイトアドレス(https)で参照した際に、WebブラウザにてSSLサーバー証明書のエラーが発生します。

ページトップへ