マニュアル

  1. >
  2. >
  3. WordPressについて>
  4. >
  5. WordPressセキュリティ関連設定

マニュアルメニュー

お申し込みについて
ドメインについて
サーバーについて
FTPについて
WordPressについて
ログ管理について
他社からの乗り換えについて
管理ツールについて

WordPressセキュリティ関連設定

WordPressセキュリティ関連の設定について

ご利用のWordPressにおいて、各種ツールに対する国外IPアドレスからの接続を制限したり、
パスワード総当り(ブルートフォースアタック)による第三者のログインを防止するなど、不正なアクセスに対するセキュリティを強化するための機能です。

機能の詳細については、下記をご参照ください。

国外IPアクセス制限設定

本機能では、下記のようなWordPress機能への国外IPアドレスからのアクセスを制限し、不正なログイン(DDoS攻撃など)に対するWordPressサイトのセキュリティを向上させることができます。

■ダッシュボード アクセス制限

ダッシュボードに対する国外IPアドレスからの接続を制限します。

※通常は「有効」のまま運用されることを強く推奨します。

アクセスが制限される箇所
・/wp-admin … ダッシュボード のフォルダ
・/wp-login.php … ダッシュボード ログイン時にアクセスするファイル

■XML-RPC API アクセス制限

スマートフォンアプリや外部システムから、リモートで記事の投稿や画像のアップロードを行う際に利用される「XML-RPC WordPress API」に対する国外IPアドレスからの接続を制限します。

※通常は「有効」のまま運用されることを強く推奨します。

アクセスが制限される箇所
・/xmlrpc.php … XML-RPC WordPress API (ファイル)

初期状態では「有効」ですが、設定を「無効」にする場合などは下記の手順に沿ってください。

1.アクセス制限設定メニューへ

管理パネルへログイン後、画面左側のメニューより「管理ツールの国外IPアクセス制限」をクリックしてください。

メニュー画面へ
2.アクセス制限設定の切り替え

画面へ遷移後、設定を変更する機能において、現在の設定をご確認の上、「有効化する/無効化する」ボタンをクリックして設定を進めてください。

設定の切り替え

内容を確認し、確定ボタンをクリックしてください。
現在の設定内容が変更されていれば、設定完了です。

■ご注意

※本機能は初期状態で「有効」になっています。
国外に在住の方など、国外IPアドレスからのアクセスが必要な方は、本マニュアルの設定手順に従って、本機能による制限を解除してください。

※まれに国内IPアドレスからのアクセスであっても、システム上で国外IPアドレスからのアクセスとして誤認され、WordPressの管理者ツールへのアクセスが制限されてしまう場合があります。
その際も、本マニュアルの設定手順に従って、制限を解除してください。

※CloudFlare(クラウドフレア)等、外部サーバーを経由してアクセスされるようなサービスをご利用の場合も、経由するサーバーが本機能の制限に該当してしまう可能性があります。
その場合も、本マニュアルの設定手順に従って制限を解除してください。

※国外からアクセスをされる場合を除き「有効」のまま運用されることを強く推奨します。
制限を解除する場合は、個別にIPアドレス制限やBASIC認証などを行ってください。

ダッシュボードのログイン試行回数制限設定

本機能は、短時間に連続してログイン処理(失敗)が行われた場合にアクセスを制限する機能です。
パスワード総当り(ブルートフォースアタック)による不正アクセスを防止することが出来ます。

初期状態では「有効」状態であり、特別な事情が無い限りは、そのまま運用されることを強くお薦めいたします。
何らかの事情により設定を「無効」にする場合などは下記の手順に沿ってください。

1.ログイン試行回数制限メニューへ

管理パネルへログイン後、画面左側のメニューより「管理ツールのログイン試行回数制限」をクリックしてください。

メニュー画面へ
2.ログイン試行回数制限設定の切り替え

画面へ遷移後、現在の設定をご確認の上、「無効化する」ボタンをクリックして設定を進めてください。

設定の切り替え

内容を確認し、確定ボタンをクリックしてください。
現在の設定内容が変更されていれば、設定完了です。

コメント・トラックバック制限設定

本機能では、下記のようなコメント投稿やトラックバックを制限することが出来ます。

■大量コメント・トラックバック制限

コメント・トラックバックスパムが行われた場合に、一時的にコメント・トラックバックを制限します。
制限は、6時間が経過した後、自動的に解除されます。

初期状態では「有効」状態です。

■国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

国外IPアドレスからのコメント投稿、またはトラックバックを制限します。

初期状態では「無効」状態ですが、国外からのコメント・トラックバックを必要とされない場合は「有効」に設定変更することを推奨します。

※CloudFlare(クラウドフレア)等、外部サーバーを経由してアクセスされるようなサービスをご利用の場合も、経由するサーバーが本機能の制限に該当してしまう可能性があります。
その場合は、本マニュアルの設定手順に従って制限を解除してください。

設定の変更は下記の手順に沿って行ってください。

1.コメント・トラックバック制限設定メニューへ

管理パネルへログイン後、画面左側のメニューより「コメント・トラックバック制限」をクリックしてください。

メニュー画面へ
2.コメント・トラックバック制限設定の切り替え

下図のような画面が表示されましたら、設定を変更する機能において、現在の設定をご確認の上、ボタン(有効化する/無効化する)をクリックしてください。

設定の切り替え

確認画面が表示されますので、内容を確認の上、設定を確定してください。

現在の設定が変更されていれば、設定完了です。

ページトップへ