マニュアル

  1. >
  2. >
  3. メールについて>
  4. スパム設定

マニュアルメニュー

お申し込みについて
ドメインについて
サーバーについて
メールについて
FTPについて
WordPressについて
ログ管理について
他社からの乗り換えについて
管理ツールについて

スパム設定

スパム設定手順
1. スパムメール設定へ進みます。

管理パネルへログインし、「サーバーの管理 > スパム設定」へと進んだ上で、設定を行うドメインを選択してください。

迷惑(スパム)メール設定1
2. スパム設定を有効にします。

スパムメール設定画面にて、「設定変更」ボタンをクリックし、「フィルタ」項目を「有効」にして、設定変更を行ってください。

有効にすることで、選択されたドメインのメールアカウントに届く全てのメールにフィルタを適用し、スパムチェックを行います。

迷惑(スパム)メール設定2
迷惑(スパム)メール設定3

判定時の動作には、下記の2種があります。任意で選択してください。

■件名に[SPAM]を追加

スパム判定された場合、件名に[SPAM]という文字が自動で入り、メール情報のヘッダー部分にスパムに関する情報が書き込まれます。

例:[SPAM]お久しぶりです。

■件名に追加しない

スパム判定された場合、件名には[SPAM]の文字が追加されませんが、メール情報のヘッダー部分にスパムに関する情報が書き込まれます。

メール情報のヘッダー部分に書き込まれる情報は下記のようなものです。

X-Spam-Flag スパム判定フラグです。
spam判定されると、「YES」と表示されます。
X-Spam-Checker-Version SpamAssassinのバージョン
X-Spam-Level スパム判定のスコアが「*」の数で表示されます。
(「*」の数が多いほどスパムである可能性が高くなります。)
X-Spam-Status スパム判定テストに関する詳細情報が含まれています。
X-Spam-Report スパム判定された場合の判定理由の詳細が記述されます。
ホワイトリストとブラックリスト

サブメニューにある「ホワイトリスト」と「ブラックリスト」から、特定のメールアドレスを追加することで、明確に「スパム判定の無効/有効」を指定することが出来ます。
追加フォームからは、1行に1アドレス入力することで、一括登録が可能です。

■ホワイトリスト

ホワイトリストに追加されたメールアドレスは、スパム判定が必ず「無効」になります。

■ブラックリスト

ブラックリストに追加されたメールアドレスは、スパム判定が必ず「有効」になり、スパムとして判定されます。

ページトップへ