DNSレコード編集

DNSレコードについて

DNSレコードの種類

当サービスにて設定可能なDNSレコードには、以下のようなものがあります。

Aレコード
コンテンツに「IP アドレス」を入力してください。
CNAMEレコード
コンテンツに「ホスト名」を指定してください。IP アドレスは登録できません。
MXレコード(優先度もあわせて設定)
  • コンテンツに「ホスト名」を指定してください。IPアドレスは登録できません。
  • 優先度は値が小さいほど優先順位が高くなります。
  • 登録されているMX レコードと【同じホスト名・同じ優先度】のレコードは追加できません。
    どちらかが異なれば追加できます。
TXTレコード
TXT(Text)レコードは、ホストの情報を記述するためのテキストを指定します。
  • A(Address)レコードでは、ホスト名をどのようにIPv4アドレスへ変換するかを指定します。
  • CNAME(Canonical NAME)レコードは、ホストに別名(エイリアス)を付ける際に利用されます。
    正規ホスト名に対する別名を指定してください。別のサーバーに転送する時などに利用します。
  • MX(Mail eXchanger)レコードはメールサーバーを指定します。 優先順位を付けることで、複数のメールサーバーを指定することができます。
  • TXT(Text)レコードは、ホストの情報を記述するために使われます。 電子メールの送信元認証技術であるSPFやDomainKeysなどに利用されます。

各レコードのデフォルト設定値

ドメイン設定追加時のDNSレコード初期値はドメイン・サブドメインで異なります。

ドメインの場合
ホスト名 タイプ コンテンツ 優先度
example.com A xxx.xxx.xxx.xxx
www.example.com A xxx.xxx.xxx.xxx
example.com MX example.com 0
example.com TXT v=spf1 +a:sv**.wpx.ne.jp +a:example.com +mx ~all  
サブドメインの場合
ホスト名 タイプ コンテンツ 優先度
sub.example.com A xxx.xxx.xxx.xxx
sub.example.com MX sub.example.com 0
sub.example.com TXT v=spf1 +a:sv***.wpx.ne.jp +a:sub.example.com +mx ~all  
  • ※ドメイン名はサンプルです。
  • ※xxx.xxx.xxx.xxxは収容サーバーのIPアドレスです。
    IPアドレスは、管理パネル「サーバー基本情報」で確認可能です。
  • ※sv***.wpx.ne.jpは収容サーバーのホスト名です。
    ホスト名は、管理パネル「サーバー基本情報」で確認可能です。

DNSレコードの編集

管理パネルへログインし、「ドメイン管理 > DNS設定」メニューから該当ドメインを選択してください。

DNSレコードの編集イメージ1

DNSレコードの編集イメージ2

設定に関しましては、下記の手順例などもご参照ください。