1. WordPressのバージョンアップ

WordPressのバージョンアップ

WordPressに新しいバージョンがある場合、WordPressのダッシュボード上からバージョンアップを行うことが可能です。
下記の手順に沿って、バージョンアップを行ってください。

バージョンアップの確認

まずは、WordPressのバージョンアップが可能な状態かどうかご確認ください。

1.ダッシュボードへのログイン

まずは、WordPressのダッシュボードにログインしてください。

WordPressのバージョンアップ

2.画面上部のバージョンアップ通知を確認

ログイン後、バージョンアップが可能な状態である場合、画面の上部に下記のようなメッセージが表示されます。

「WordPress X.X.X が利用可能です ! 更新してください。」

WordPressのバージョンアップ

メッセージが表示されている場合、データのバックアップを行った上、バージョンアップを行うようにしてください。 バックアップは次の項目をご参照ください。

※新しいバージョンには、セキュリティ関連の修正が含まれている場合があります。 上記のような通知が表示されている場合は、速やかにバージョンアップを行うようにしてください。

データベースのエクスポート・インポート

バージョンアップを行う際、万が一失敗した場合でも、大事なデータが消失しないよう、事前にデータのバックアップを行うことを強くお奨めします。
下記2つのデータでバックアップを取っておくようにしてください。

データベースのエクスポート・インポート

これまでに投稿した記事データや、新規に作成した固定ページ等のデータをエクスポート・インポートします。

WordPressのファイルのバックアップ

編集を行ったテーマや、これまでにアップロードした画像ファイルなどをバックアップします。

それぞれ、バックアップを行う方法に関しては下記をご参照ください。

データベースのエクスポート・インポート

管理パネルにログイン後、トップ画面のWordPress一覧より、バージョンアップ対象WordPressの「設定 > データベースのエクスポート・インポート」へと進み、バックアップを行ってください。 詳細な手順は下記のマニュアルをご参照ください。

WordPressのファイルのバックアップ方法

FTPソフトを利用し、WordPressの下記のディレクトリを丸ごと、お客様のPCの任意の場所に保存してください。

wp-content

FTPのご利用については下記のマニュアルをご参照ください。

WordPressバージョンアップの実行

データのバックアップが完了しましたら、以下の手順に沿って、WordPressをバージョンアップしてください。

1.プラグインの停止

WordPressnoダッシュボードにログイン後、左メニューから「プラグイン」へと進んでください。 インストールされているプラグインの一覧が表示されます。

一覧から利用中のプラグイン全てにチェックを付け、上部のプルダウンメニューから「停止」を選択して「適用」を押してください。

WordPressのバージョンアップ

ご利用のプラグインが停止されました。

2.更新手続きへ

画面上部に表示されている通知の中に表示されている「更新してください。」という部分をクリックします。

WordPressのバージョンアップ

3.バージョンアップ内容の確認

今回のバージョンアップの内容が表示されますので、確認してください。 間違いが無ければ、「いますぐ更新」をクリックします。

WordPressのバージョンアップ

4.データベースの更新

データベースの更新を行うようメッセージが表示されましたら、「WordPressデータベース更新」をクリックして、ステップを進めます。

WordPressのバージョンアップ

5.プラグインの再有効化

本項目の1.の手順で停止したプラグインを再度有効化します。
1.と同様の手順で「プラグイン」メニューより有効化を行ってください。

WordPressのバージョンアップ

6.バージョンアップ完了

以上でWordPressのバージョンアップは完了です。
完了後は、必ずWordPressサイトへとアクセスし、正常に表示されるかどうかをご確認ください。