初心者のためのWordPress始め方講座

【初心者】WordPressブログで収益化!仕組みや手順を解説

「WordPressブログで収益化できる?」「ブログでどう収益を得るの?」といった疑問を抱えている方も、多いと思います。

この記事では、WordPressブログで収益化するための仕組み、手順、運営のコツなどを紹介していきます。

クサカベ
クサカベ

この記事で解決できる疑問はこれ!

  • 「WordPressで収益を得る仕組みは?」
  • 「WordPressで収益化する方法は?」
  • 「WordPressは収益化に向いている?」
  • 「WordPressで収益を得るコツは?」

WordPressブログでまとまった収入を得るのは、決して簡単ではありません。

ただ、WordPressブログでの収益化は、メリットが多く、初心者でも取り組みやすく、十分にチャンスもあります。

この記事を読めば、WordPressブログの収益化に必要なことや、考え方などを理解できますよ!

ぜひ参考にして、WordPressブログでの収益化に取り組んでいきましょう!

WordPressブログでの収益化は今からでも遅くない

「今からでも収益化できるの?」「ブログなんてオワコン……」と聞くこともありますが、WordPressブログで収益化に取り組むのは、今からでも遅くありません。

なぜなら、ブログでの収益化でもっとも重要なのは記事(情報)であり、情報の価値にブログを始めた時期は関係ないからです。

ブログで稼ぐためには、有益な情報を発信し、Googleなどの検索結果で上位表示させ、アクセスを集めることが重要です。

ただ、有益な情報は決してベテランブロガーだけが作り出せるものではありません。

ジャンルによっては、情報の新しさが価値を生むこともあるでしょう。

やり方次第で、初心者ブログでも対等に勝負できるはずです。

WordPressブログの収益化は簡単じゃない?

ただし、収益化までには多くの時間と努力が必要だと理解しておくことが欠かせません。

それは、Googleなどの検索エンジンから評価され、順位を上げていくことは容易ではなく、時間がかかるためです。

ブログを作ったらすぐに稼げる、簡単に稼げると思っていると、早々に期待が外れ、挫折してしまうでしょう。

もっとも大事なのは「続けること」です。WordPressブログで収益化するには継続力が大切だと、認識しておきましょう。

また、長く継続するためには、はっきりとした最終目標を立てることと、実現可能な手前の目標まで細かく設定しておくことが大事です。

今の自分でも達成できる目標を掲げてクリアしていくことを繰り返すうちに、少しずつ最終目標へ近づいていけるはずです。

WordPressブログで収益化するための広告サービス

WordPressブログで収益化する方法は、広告サービスを使うのが主流です。

主に以下の2つが挙げられます。

収益化するための代表的な広告サービス

それぞれ見ていきましょう。

アフィリエイト(成果報酬型広告)

アフィリエイトとは、企業のサービスや商品をブログで紹介し、訪問者に購入してもらうことで収入を得る収益化方法です。

掲載する広告は、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれるサービスを利用して選びます。

掲載した広告を訪問者がクリックし、サービスを申し込んだり商品を購入したりすると、成果としてブログ運営者に報酬が支払われます。

報酬が支払われる成果基準はさまざまであり、広告主ごとに異なっています。

広告によっては報酬単価が高いものもあり、単価が高い商材を選べば効率よく稼ぎやすいです。

ただ、そのぶんライバルも多く、商品やサービスへ誘導するハードルも高くなるため、広告の選定はよく吟味しましょう。

アフィリエイトで収益を得る仕組み

アフィリエイトで収益を得る流れは、おおよそ以下のとおりです。

1.広告主(企業)が、ASPに広告の掲載を依頼する
2.ASPが広告案件をサービス上で公開する
3.アフィリエイター(ブロガー)が、ASPのサイトで自分に合った案件を選ぶ
4.アフィリエイター(ブロガー)が自分のサイトで、サービスや商品を紹介し、広告を掲載する
5.ブログに訪問者がアクセス
6.ブログ訪問者が広告をクリックし、サービスや商品を購入する
7広告主からASPに広告費が支払われる
8.成果としてアフィリエイター(ブロガー)にASPから報酬が支払われる

クリック報酬型広告

クリック報酬型広告とは、ブログなどにWeb広告を掲載し、訪問者にクリックしてもらうことで収入が得られる広告サービスのことです。

広告がクリックされた時点で報酬が発生するため、収益化自体はそう難しくありません。

広告は、訪問者が興味を持ちそうな内容に自動で最適化されるため、アクセスが少なくても収益が発生しやすいです。

しかし、1クリックあたりの単価は、アフィリエイトと比べるとかなり低いです。

そのため、大きな金額の報酬を得るには、それだけ多くのアクセスを集める必要があります。

なお、クリック報酬型広告を提供しているサービスとしては、「Googleアドセンス」が代表格です。

Googleアドセンスを利用するための審査は厳しいですが、クリックごとの報酬単価が高く設定されています。

クリック報酬型広告で収益を得る仕組み

クリック報酬型広告で収益を得る流れは、おおよそ以下のとおりです。

ここでは利用時に審査のある「Googleアドセンス」を例に挙げます。

1.広告主(企業)が、Googleアドセンスに広告の掲載依頼をする
2.広告サービスにて掲載用のコードを発行する
3.アフィリエイター(ブロガー)が、広告用のコードを自分のブログへ掲載する
4.ブログに訪問者がアクセス
5.ブログ訪問者が、掲載された広告をクリックする
6.広告主からASPに広告費が支払われる
7.成果としてブログ運営者に、Googleアドセンスから報酬が支払われる

WordPressブログで収益化を目指すメリット6つ

WordPressブログで収益化を目指すメリットは、以下の6つです。

一つずつ見ていきましょう。

1. 初心者でも稼ぐチャンスがある

ブログでの収益化は、まったくの初心者から取り組んでも稼ぐチャンスがあります。

記事冒頭の「有益な情報を作り出すことに、始める時期は関係ない」という理由のほか、市場規模の拡大も挙げられます。

たとえば、収益化方法の一つであるアフィリエイトの市場は年々拡大しており、今後も拡大が予想されています。

出典:矢野経済研究所 アフィリエイト市場に関する調査(2021年) 

市場が拡大しているのは、それだけ広告費が多く使われているということです。

広告サービスを活用して収益を得る方法なら、まだまだ稼ぐチャンスはあります。

ただ市場規模が大きくなるにつれ、アフィリエイトに参入してくる企業も増えるでしょう。

とくに大手企業に個人が正攻法で戦っても、勝ち目はありません。

商品やサービスの利用者としての体験を交えるなど、個人ならではの強みを生かして取り組む必要があるでしょう。

2. 初期コストが小さい

WordPressブログは初期コストが小さく、少ないリスクで始められるのもメリットの一つです。

おおよそ以下のものがあれば始められます。

WordPressブログに必要なもの
  • レンタルサーバー(月額1000円ほど)
  • ドメイン(月額換算で100円ほど)
  • WordPress(0円)
  • 広告サービス利用(0円)

だいたい月に1100円程度あれば、収益化に取り組めます。

広告サービスを利用すれば、商品を仕入れる必要がないため、原価も発生しません。

「最初にお金はかけたくないな……」という場合、「アメーバブログ」や「はてなブログ」などの無料ブログを使う選択肢もあります。

ただ、無料ブログには以下のようなデメリットもあるので、収益化にはあまりおすすめできません。

無料ブログのデメリット
  • 突然サービスが終了する可能性がある
  • 広告を貼る場所を制限される
  • サービス運営側の広告が表示されることがある
  • デザインやカスタマイズがしにくい
  • SEO(検索の上位表示されるための施策)に限界がある

月額1100円程度であれば、収益化で十分回収が見込める額です。

ランチ1回~2回程度の金額で始められるビジネスと思えば、取り組みやすいのではないでしょうか。

3. 在庫(売れ残りリスク)を抱える必要がない

ブログによる収益化は在庫(売れ残りリスク)を抱える必要がなく、安全に取り組めるのも特徴的です。

たとえば、アフィリエイトは企業の商品やサービスを紹介するだけなので、自分で商品やサービスを用意する必要がありません

自分で商品を仕入れて販売するような副業の場合、まったく売れずに商品だけが残る恐れもあります。

売れないと利益を出せないだけではなく、在庫の分だけ損失を抱えてしまいます。

ブログを収益化させる場合、商品やサービスが売れなくても、売れ残った在庫商品による余計な損失が出ません。

4. 利益率が高い

ブログの収益化は利益率が高いです。

その理由には、ここまでに紹介したように、初期コストがかからず、在庫による損失がない点があります。

そのほか、人を雇ったり、店舗などの場所を用意したりするためのコストが必要ない点もあるでしょう。

ブログの収益化は、一人でできるため人件費を必要としません。また、自宅で作業できるので店舗も必要としません。

余計な費用がほとんどかからないため、売上(報酬)がそのまま利益(収入)になります。

収益が出ない・少ない時期でも、大きな赤字を出しにくいです。

5. スキルアップできる

ブログの収益化に取り組むことは、自身のスキルアップにもつながります。

ブログでの収益化には、さまざまなスキルを求められるからです。

おおよそ以下のようなスキルです。

得られるスキル例
  • リサーチ力(市場調査や競合調査)
  • 論理的思考力
  • ライティング力
  • SEOやコンテンツマーケティングに関する理解
  • 分析力や判断力
  • 収益化に関するノウハウ
  • WordPressの構築や運用経験
  • 画像編集スキル
  • 解析ツール類の扱い(アクセス解析など)
  • SNSの運用経験

商品やサービスを売るには、魅力的に紹介するためのライティング力が必要です。

また、誰に向けてどう紹介するかを考えるマーケティングスキルも、求められるでしょう。

「こんなに必要なの!?」と驚かれたかもしれませんが、ご心配なく。

真摯に取り組んでいけば、おのずと必要なスキルは身に付いてきます。あせらず少しずつ、知識と経験を積み上げていきましょう。

スキルアップすれば、本業への活用、転職、フリーランスとして独立など、仕事として選択肢の幅が広がることは間違いありません。

WordPressブログの収益化に取り組むことで、生活を豊かにしてくれる可能性があるのも魅力の一つです。

6. 扱うジャンルに詳しくなる

ブログ記事を書きつづけることによって、扱うジャンルに詳しくなります。

なぜなら、記事に書く内容は、事前によく調べて理解する必要があるためです。

ブログ記事を書くうえでは、訪問者に分かりやすく説明するために、扱う内容について深く理解しなければいけません。

扱う分野に関連する商品やサービスのことを紹介するなら、なおのことです。

実際、Googleは専門性や精度が高い情報を高く評価しており、記事を上位表示させるには扱うジャンルに詳しくないといけません。

最初は興味がない商品やサービスであったとしても、学ばざるを得ないので知識が必ず身に付いてきます。

扱うジャンルに詳しくなることで、そのジャンルの知識を深めていけるでしょう。

収益化ブログにWordPressを使うメリット

収益化のためのブログには、無料ブログではなくWordPressがおすすめです。

WordPressでなくても収益化自体は可能ですが、メリットや強みが多いWordPressをおすすめします。

WordPressには以下のような強みやメリットがあります。

メリット
  • シェアが高く、WordPressに関する情報が多い
  • デザイン性が高い
  • カスタマイズが自由自在
  • 独自ドメインを使えば自分だけの資産になる
  • サービス終了の影響を受けない
  • 広告を自由に掲載できる

WordPressは、全世界のWebサイトの43%日本ではなんと84.3%ものWebサイトで使われるほど、圧倒的なシェアを誇ります。

そのため、利用方法に関する情報がすぐ見つかり、疑問や使い方がすぐ解決するというメリットがあります。

また、WordPressは非常にカスタマイズ性が高く、SEOにも取り組みやすく、広告の掲載に制限もありません。

WordPressテーマを使えば、簡単にデザイン性の高いブログの構築もできます。

独自ドメインを使えば、サービス終了などのリスクを回避し、自分の資産として運用しつづけることも。

このようにWordPressブログは、収益化に取り組みやすいメリットが数多くあるのです。

収益化ブログにWordPressを使うデメリット

たくさんのメリットがあるWordPressブログにも、デメリットはあります。

それは以下の2点です。

デメリット
  • 知識と慣れが必要
  • 一定のコストがかかる(サーバー代やドメイン代)

WordPressは自由度こそ高いですが、逆に考えると使いこなすだけの知識と慣れが必要です。

知識を付け、使い慣れるためには、日常的にWordPressの勉強をしたり、情報収集したりする必要があるでしょう。

ただ、先に紹介したとおり、WordPressに関する情報はネット上に溢れており、分からないことがあっても解決しやすいです。

そのほか、サーバー代やドメイン代がかかることも、デメリットに挙げられます。

しかし、コストがかかるとはいえ、月額1100円程度。

十分に回収できるコストであり、ビジネスとして捉えれば大きなコストではないでしょう。

WordPressブログで期待できる収入とは

初心者でも頑張ってブログに取り組めば、収入を得られる可能性は十分にあります。

それでは、実際どのぐらいの収入が期待できるのか解説します。

出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2022年

NPO法人 アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、月1000円以上稼いでいる人は50.9%程度。

約半数が1000円以上の収益を得ており、収入を得ること自体のハードルは高くありません

また、月100万円以上稼ぐ方も6.5%程度おり、ごく少数とも言いきれない数字です。

そのほか、月10万円以上稼ぐ人だと18.7%で、5人~6人に1人程度

月3万円以上稼いでいる人は35%ほどで、3人に1人程度です。

月に3万円あれば、経済的に少し余裕が出るイメージが持てるのではないでしょうか。

続いて、取り組み期間も見ていきましょう。

出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2022年

1年未満だと、無収入や収入額が小さい人も多く、収入を得るには相応の時間が必要だと分かります。

ただ、月3万円~5万円程度の収入であれば、43%程度の人が2年以内に達成しています。

コツコツと取り組みを続ければ、少しの贅沢ができる程度の収入は十分見込めるでしょう。

また、1年未満でも月100万円以上を稼ぐ猛者もいるなど、短い期間ながら多額の収入を得ている人も少なからずおり、戦略と努力次第で十分収入は期待できます

WordPress収益化までの手順

それでは、実際にWordPressブログを立ち上げ、収益化に取り組んでいきましょう。

WordPressブログでの収益化までの手順は、以下のとおりです。

一つずつ分かりやすく説明していきますね。

1. WordPressの立ち上げ

まずは収益化のためのWordPressブログを、立ち上げる必要があります。

多くのレンタルサーバーで、簡単にWordPressがインストールできる機能が提供されていますので、ぜひ活用しましょう。

当社が提供する『エックスサーバー』なら、WordPressは最短10分で開設できます!

ブログ収益化に必要な「サーバー」「ドメイン」「WordPress」「テーマ」が申し込みと同時に揃うため、初心者におすすめです。

以下の記事でくわしい開設手順を解説しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

【WordPressの始め方】初心者でも最短10分!開設から初期設定まで

2. サイトで取り扱うテーマ決め

WordPressでブログを立ち上げたら、サイトで取り扱うテーマを決めましょう。

ブログで扱うテーマの形態は、大きくは以下の2つに分類できます。

  • 特定のジャンルだけに特化した「特化ブログ」
  • さまざまなジャンルを扱う「雑記ブログ」

難しく考える必要はありません。

自分が詳しい分野があったり、一つに絞って専門的な運営がしたいなら「特化ブログ」

いろいろ書きたいものがあるなら「雑記ブログ」くらいの意識で大丈夫です。

あとになって書きたいものが増えても、新しくブログを開設していけばOKです。

たとえば、以下に当てはまるようなものがあるか考えてみてください。

自分が強みをもつジャンル(長く時間を使ってきた分野)
・自分の興味が強いジャンル(これから時間を使いたい分野)
・ニーズがあるジャンル(検索されるボリュームが大きい分野)
・自分が過去に困ったことや調べてみたことがある分野

ただ、以下のようなジャンルは初心者にはあまりおすすめできません。

上位に大企業などの法人サイトや国のサイトが多いジャンル
・生活や人生に大きな影響を及ぼすジャンル(YMYL領域)
・報酬単価が低すぎて稼げないジャンル
・マイナーすぎてニーズがないジャンル

YMYLとは「Your Money Your Life」の略であり、人生や生活に大きく影響を与えるジャンルを指します。

金融、不動産、健康などのジャンルが該当します。

YMYL領域の分野は、専門性や正確性を厳しく評価されるため、その分野によほど詳しくない場合はおすすめできません。

専門家の執筆や監修が必要になる場合もあると思います。

報酬単価が低いジャンルは、広告で報酬を得る経験を積むためと割り切って取り組むのもアリです。

例として、アフィリエイトの報酬単価ごとに一部ジャンルを紹介します。

目安報酬単価ジャンル
1000円~1万円動画配信サービス、電子書籍、恋愛、婚活、格安SIMなど
1万円~2万円ウォーターサーバー、クレジットカード、
プログラミングスクール、インターネット回線など
2万円以上不動産、投資、結婚相談所、FXなど

報酬単価が高いものは、そのぶん専門性も高くなり、サービス利用や商品の購入ハードルも高いです。

自分が得意とする分野と照らしあわせて、扱うテーマを選んでいきましょう。

3. キーワードを意識した記事作成

サイトのテーマやジャンルが決まったら、実際に記事を作っていきましょう。

ただ、記事の作成には、ライティングスキルや、SEO(Googleで上位表示させる施策)に関するノウハウが必要不可欠です。

また、検索される「キーワード(検索クエリ)」も意識しなければなりません。

「キーワード(検索クエリ)」とは、ユーザーがGoogleやYahoo!で検索するときの検索ワードのこと。

知りたいことや解決したいことが出てきたら、Googleなどで検索しますよね?

検索に使ったワードには、その人のニーズが含まれているのです。

そのため、まず訪問者の疑問や悩みを解決する記事を書くことが、必要不可欠です。

また、検索された「キーワード(検索クエリ)」でヒットするように、記事内にキーワードをちりばめる必要もあります。

とはいえ、非常に難しく、完璧にできるものでもありませんので、はじめは「意識して取り組む」程度でOKです。

4. ASPへの登録やクリック報酬型広告への登録

収益化するのであれば、ASPやクリック報酬型広告などの広告サービスへの登録が必須です。

ブログ記事を書くことに慣れるため、10記事〜15記事程度書いてからの登録をおすすめします。

広告サービスによっては、会員登録時や、広告を利用するときに、審査される場合があります。

とくに、「Amazonアソシエイト」や「Googleアドセンス」は、厳しく審査されます。

一回の審査では通りにくいかもしれませんが、何度も申請できますので諦めずに申請し続けましょう。

なお、最初は初心者でも扱いやすい「物販系」のアフィリエイト広告と、収益が得られやすいクリック報酬型広告の併用がおすすめです。

それぞれの広告運用に慣れてきたら、掲載比率を変えたり、クリック報酬型広告を外してみたりと、いろいろ試してみるのがよいでしょう。

クサカベ
クサカベ

物販系とは、形のある商品を取り扱いジャンルのことです!

5. 継続的なブログ運営

ここまでできたら、あとは新しい記事の作成と、ブログや記事の改善を繰り返しましょう。

収益化には長期間の活動が必要であり、長い目で見ることが欠かせません。

訪問者のニーズを満たすのは容易ではなく、ひたすら記事量を増やしつつ、改善を繰り返していくことが大事です。

また、向いていないテーマを選ぶと挫折しやすくなります。その場合は、テーマを変えてみるのも一案です。

好きなことをテーマに選ぶなど、まずは長く続けることを念頭に取り組んでみましょう

収益化に向けた運営のコツ・心構え5つ

つづいて、収益化に向けてWordPressブログを運営していくときのコツ・心構えを解説していきます。

一つずつ見ていきましょう。

1. ブログ運営をする目的・目標を明確にもつ

ブログを運営するにあたって、目的・目標を明確に決めましょう。

何のためにブログを書くのかを明確化することで、モチベーションを保ちやすくなります

目的・目標があることで、その間の過程作業にも向上心を持って取り組みやすくなるでしょう。

また、最終目標のほか、今の自分でも達成できる目標の設定をしておくことも大事です。

最終目標が遠すぎると、それはそれで挫折の原因になりやすいです。

最終目標を達成するために必要になることを書き出し、それらを手前の目標として設定しましょう。

これを今の自分でも達成できる目標設定になるまで繰り返します。

あとは、一つずつ目標を達成していくだけです。

小さな目標を達成していくよう日々取り組んでいけば、いつか最終目標に到達するはずです!

2. 収益化までに多くの時間と努力が必要だと理解する

収益化までに多くの時間と努力が必要だと心構えをしておくことも大切です。

すぐに結果を求めず、長期的な目線でブログを運用していきましょう。

そのためには、ブログでの収益化は「ビジネス」だと強く認識し、簡単にお金が手に入るといった甘い考えを持たないことです。

甘い考えでいると必ず挫折します。

ブログで成功している人たちも、さまざまな失敗や試行錯誤を繰り返し、今に至っています。

行動と改善を繰り返し、継続していくことで、少しずつ成功に近づいていくのです。

3. 記事は量と質、両方とも大事

ブログに掲載する記事は「量」と「質」、両方とも大事です。

それらが両方ともなうことで、良質なブログと評価されます。

ここでいう「量」とはブログに載せている記事数のこと、「質」とは訪問者に有益な情報を届けることです。

まずは一つひとつの記事で、訪問者の役に立つ記事を書くように「質」を意識しましょう。

とはいえ、完璧を求めすぎず、今の自分のできる範囲でOKです!

また、訪問者の疑問は単純ではないことも多いです。

関連する情報が多く提供されるほど、ブログの有益性も上がっていきます。

あとは「質」の高い有益な記事を増やして、「量」を確保していきましょう。

記事数が多いと、アクセス数が増えて収益を出しやすくなったり、Googleなどの検索エンジンにも信頼されやすくなったりします。

これを繰り返すことで、バランスの取れた有益なブログに成長していきますよ!

おのずとライティングスキルも上がります。

読まれるブログの書き方!初心者でも読みやすい文章を作るコツ

4. SEOに関する理解を深める

ブログへのアクセスは、Googleなどの検索結果からが主。集客するにはSEOへの理解が必要不可欠です。

ブログへのアクセスが多いほど、多くの収益をあげられる可能性が高くなります。

まずはSEOに関する知識を増やし、理解を深めましょう。

とはいえ、初心者がいきなり何十万もするような高額教材を買ったりしてまで、勉強する必要はありません

ネットで情報を集めたり、参考書を1冊買う程度で学習したりすればOKです。

SEOに関する知識や行うべき対策は多いですが、「訪問者に有益な情報をすばやく的確に提供すること」が大前提です。

まずは以下の点を意識していきましょう。

  • 訪問者が知りたいことを素早く伝える
  • 訪問者が知りたいことを網羅的に伝える
  • 体験談など独自性のある内容を加える
  • ブログ内でも関連する記事にリンクを貼る
  • 分かりやすいサイト構造にする
  • 使いやすいナビゲーションメニューを設置する

SEOに関する理解を深めながら、改善を繰り返していきましょう!

SEOとは?初心者が覚えるべき基本対策&上位表示のコツを解説

5. 集客記事から収益記事へと誘導する

ブログで収益化するなら、集客に向く「集客記事」と、広告を掲載する「収益記事」は分けて作りましょう。

「集客記事」で集めた人を「収益記事」へ誘導していくのが、基本の形です。

集客記事と収益記事の違いは以下のとおりです。

集客記事ユーザーを集めるための記事であり、収益化に結びつきにくい記事。
例)「〇〇とは」・「〇〇 分かりやすく」といったキーワードに向けた記事
収益記事商品を購入してもらうための記事であり、収益化に結びつきやすい記事。
例)「商品名+口コミ」・「商品名+評判」といったキーワードに向けた記事

「集客記事」では、多くの人が疑問に思うことなどに特化した記事を作っていきます。

疑問に対する解決法を知ったユーザーに対して、具体的な解決策となるサービスや商品を紹介する「収益記事」へ誘導するのです。

ここまで読むと、「収益記事に直接人を集めればいいんじゃ……」と思うかもしれません。

ただ、「収益記事」は、強い競合サイトが上位を占めており、初心者のブログが直接ユーザーを集めるのは非常に難しいです。

まずはこの基本的な形を意識して、記事を作っていきましょう。

まとめ

今回の記事では、WordPressブログで収益化するための手順、仕組み、コツなどをご紹介しました。

ポイントをまとめると以下のとおりです。

ポイント
  • ブログでの収益化は、今から取り組んでも遅くない
  • ブログでの収益化は、初心者でも稼ぐチャンスがある
  • ブログの収益化には、多くのメリットがある
  • ブログでの収益化には、WordPressを使うのがおすすめ
  • 収益化方法は、「アフィリエイト」と「クリック報酬型広告」の2つが主流
  • 収益化するには、目標を決め根気強く取り組みつづけることが大事

WordPressブログの収益化は長期的に考え、試行錯誤を重ねながら継続していくことが大切です。

ブログの収益化は決して容易ではありませんが、「ビジネス」だと強く捉え、改善を繰り返していけば収益を出せるようになるでしょう。

この記事が少しでも参考になったなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キャンペーン開催中

国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」では2023年2月3日12時まで、
半額キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

今なら実質495円~お得にWordPressが始められます!
.comや.netなど大人気ドメインも永久無料と過去最大級にお得です。

【2月3日まで】半額キャッシュバックキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にWordPressをご検討ください!